「トマトアドベンチャー」や「マリオ&ルイージRPG」シリーズの開発元として知られるアルファドリームが破産

アルファドリームが入居している渋谷区のワコー宮益坂ビル

元スクウェア(現:スクウェア・エニックス)の開発者を中心に立ち上げられ、「トマトアドベンチャー」や「マリオ&ルイージRPG」シリーズの開発元として任天堂との関係も深かったアルファドリームが10月1日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが帝国データバンクにより判明しました。

2014年3月期には年収入高約3億円を計上していましたが、近年は収入が伸び悩み、高い開発費から赤字決算や債務超過が続き、2018年3月末時点で約4億6500万円の負債を抱えていたとのこと。

アルファドリームは最近でも「マリオ&ルイージRPG 1DX」や「マリオ&ルイージRPG3!!! DX」などのリメイク作を手がけていました。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA