Cygamesのモバイル向けカードゲーム「シャドウバース」がアニメ化。その少年アニメのようなビジュアルには大きな反響が

Cygamesのモバイル向けカードゲーム「シャドウバース」のアニメ化が発表されました。

アニメーション制作はZEXCSが担当し、監督は「中間管理録トネガワ」などで知られる川口敬一郎氏、シリーズ構成は磯崎輪太郎氏と赤尾でこ氏が努めます。その他のスタッフは以下の通りです。

スタッフ一覧

監督:川口敬一郎
シリーズ構成:磯崎輪太郎、赤尾でこ
キャラクター原案:ぽんず、久方綜司
キャラクターデザイン:原田大基
サブキャラクターデザイン:新田靖成
フォロワーデザインチーフ:北川大輔
バトルコンセプトデザイン:長屋誠志郎
プロップデザイン:岩永悦宜
色彩設計:佐藤直子、品地奈々絵
美術監督:根本邦明
美術設定:須江信人、多田周平
特殊効果:チーム・タニグチ
モニターグラフィックス:flapper3
3DCGディレクター:神谷貴浩(アイラ・ラボラトリ)、川谷啓介(DEEN digital)
撮影監督:浅川茂輝
編集:平木大輔
音響監督:飯田里樹
音楽:池頼広
音響制作:ソニルード
アニメーション制作:ZEXCS

なんと言っても目を引くのはその少年アニメのような作画でしょう。公式サイトなどからも分かる通り、同作のイラストレーションはリアル調のキャラクターや美形のキャラクターなどが多く、アニメのメインビジュアルと全く異なっていることがわかります。

ネット上では「私の知ってるシャドウバースと違う」といった意見が多く見られる他、「運営がユーザーの年齢層を小学生と考えた結果なのでは」といった皮肉も多数見られるなど、ある意味で大きな反響をインターネット上で起こしています。

なおアニメ化を記念し、10月8日からゲーム内でTVアニメのエンブレムやスリーブ、レジェンドカードパックチケットなどの報酬がログインボーナスとして配布されるとのことです。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA