土曜日, 11月 16, 2019
ホーム 未分類 syamu_game氏の様子が「以前と違う」という指摘がインターネットで相次ぐ。その背景には「代理人」の影が

syamu_game氏の様子が「以前と違う」という指摘がインターネットで相次ぐ。その背景には「代理人」の影が

2018年11月に電撃的な復活を果たすや否や以前以上の人気ぶりを発揮し、インターネット上の人々の関心を集める「大物Youtuber」ことsyamu_game氏、だが彼の動向を見守るコミュニティの間では最近、「syamu氏は自らの意思ではなく「syamu代理」によって作られた脚本どおりにネット上で振る舞い、あやつり人形のようにされているのでは」という指摘が上がっている。

syamu氏“らしくない”行動

コミュニティでその「Syamu氏らしくなさ」が指摘されはじめたのは昨年12月30日に投稿されたカラオケ動画からだ。その動画はsyamu氏がカラオケで「千本桜」「U.S.A」などの人気曲を歌いつつ、途中で大声を上げて突然倒れるなどの「芸」を所々に挿入したものとなっている。

一見以前のsyamu氏の投稿動画と変わらないスタイルのように思えるが、不自然に作られたテンションや無理をしていると取れる部分が散見され、その違和感からコミュニティの間では「無理矢理やらされている」「以前のsyamuさんと違う」との声が相次ぎ、以前投稿した「頭文字D」のプレイ動画とはうって変わり、ネガティブの評価数が非常に多くなっている。

さらに2019年の元旦にはツイッター上でファンに向けた新年の挨拶動画、インスタグラムのアカウントを公開。これだけ見れば特に当たり障りのない行動のように思えるが、これもコミュニティからは「syamu さんはこういう事をするタイプではない」と、背後にいる「syamu代理」氏の影がちらついている事を指摘する声が上がっている。

しかしインスタグラムにおいては「HIKAKIN氏など、近年大手Youtuber達がインスタグラムを利用し始めたことや、インスタグラムの流行を考えれば別段おかしい事ではないと指摘する反対意見もある。

「syamu代理」氏とは

ここで「syamu代理」氏とは誰か説明しておこう。syamu代理氏とは、2018年1月にsyamu氏と一緒に、大阪府内のインターネットカフェから新たな動画をネット上にアップロードし、現在のsyamu氏のYoutube活動を機材の提供や動画編集などの面で支えているとされる人物だ。

syamu氏をサポートする一方で、syamu氏に施設への寄付を呼びかけさせたりと「syamu氏を利用しているのではないか」とコミュニティでは指摘されているが、確たる証拠はなくいずれも憶測の域を出ない。

syamu氏の今後を心配する声も

現在syamu氏のYoutubeチャンネルは収益化には至っていないが、代理人が機材面などを含めサポートしてることからか、「収益化の際には収益が2人で分けられるのでは」という意見が上がっている。

コミュニティではその際に「代理人が収益をほとんど持っていくのではないか」と危惧する声や、「早く代理人から独立してほしい」という声が少なからず上がっている。しかしながらこれらもまた確たる証拠はなく、憶測の域を過ぎない。「ただsyamu氏がYoutuberとして稼げるように支援しているだけでは」という反対意見もある。

ネットミームを作り上げ、今でも絶大な人気を誇るsyamu氏、だがその背後にちらつく「代理人」の存在がファンやコミュニティを揺るがしている。しかし代理人に関する考察はいずれも憶測に過ぎず、我々は今はただ、syamu氏の今後の動向に注目することしかできない。

YamauchiKazunori
ネットミームや動画、ときどきゲーム。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事