「ゼノブレイド」シリーズでおなじみのモノリスソフトが「ゼルダの伝説」新作のためのスタッフを募集

先日3月28日、「ゼノブレイド」シリーズや「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の開発協力をした事で知られる任天堂の子会社、「モノリスソフト」が公式ホームページ上にて「ゼルダの伝説」シリーズ新作の開発スタッフの募集を始めました。(ホームページ)

この「ゼルダの伝説」シリーズは先月のNintendo Directで発表された「ゼルダの伝説 夢を見る島」のことなのか、リメイクとは別に進められている新作なのかは不明ですが、オープンワールドの開発に長けているモノリスソフトが募集していることから見て後者の可能性が高そうです。

となるとやはり「ブレスオブザワイルド」の系統を引き継いだ新たなオープンワールドの「ゼルダ」が出るのでしょうか。

現時点での最新作である「ゼルダの伝説 ブレスオブ ザ ワイルド」はシリーズ初のオープンワールドを採用しており、最序盤さえ進めてしまえばストーリーをそっちのけでラスボスを倒しに行けることや、基本的にほぼ全ての壁を登れてしまう自由度の高さ、そして広さがありながらも適度な密度のフィールドなど、シリーズ最高傑作ともいえる完成度で国内外で高く評価されました。

「ブレスオブ ザ ワイルド」のフィールドの一部

現時点でこの新作ゼルダについては任天堂から人材募集が出されていること以外の公式情報は全くありませんが、開発していることを明言している以上はいつの日か発表の場で正式に発表されるのは想像に難くはないでしょう。

果たして次期「ゼルダの伝説」がどのような作品になるのか、期待に胸を膨らませながら、まずは発表の時を待ちましょう。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA