月曜日, 11月 18, 2019
ホーム ニュース 「Forza Motorsports7」が4月7日にアップデート。マクラーレン・セナの追加やオーディオの改善など

「Forza Motorsports7」が4月7日にアップデート。マクラーレン・セナの追加やオーディオの改善など

マイクロソフトの開発スタジオのひとつである「Turn10」(ターン・テン)は4月7日に「フォルツア モータースポーツ7」(以下:Forza7)のアップデートを行うことを公式ブログで明らかにしました。

マクラーレン・セナの追加や多数の改善

まず追加車種として「マクラーレン・セナ」が追加されます。この車はすでにForza Horizon 4で収録されていましたが、本編に収録されるのはこれが初めてです。

この「マクラーレン・セナ」はかつて名を馳せた伝説的なF1ドライバー、アイルトン・セナの名を冠したスーパースポーツカー。サーキット走行を主眼に置いて開発されたクルマで、最高出力800psの4000ccのエンジンを搭載し、さらに車体面でも強力なダウンフォースを生み出すために「アクティブエアロ・ダイナミクス」を採用、車体もカーボンモノコックで作られおり、走りに対する妥協を許さない「究極のロードカー」として作られています。もっと詳しいことについてはマクラーレンの公式ホームページで紹介されているのでそちらもどうぞ。

他にも以前は通常購入出来なかった30台以上の「Forza Edition」の特別車両が購入できるようにもなります。

さらに3月にベータ版がリリースされていた「Forza Race Regulations」(フォルツア・レース・レギュレーションズ)というレギュレーションシステムも改良、ペナルティが最終的なレース結果に影響を与えるようになり、UIの改善も図られます。そのほかロビー側のルールセットをサーバー側で設定可能にできるとのこと。

エンジン音も改善

さらに今回のアップデートでエンジン音にも改良がなされます。具体的にはフェラーリ、ランボルギーニ、そしてアストンマーティンのV12エンジンなど、主にV12エンジンの音を改善するために新録した素材を使ってエンジンの音を作り直したことが開発チームから明かされています。さらに「マツダ 2」のローターエンジンや、ポルシェと日産の車に関する不具合も修正されているとのこと。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事