春だ!GWだ!セールだ!Steamゴールデンウィークセールが開催、5月7日午前3時まで

【スポンサードリンク】

先週、先々週とイマイチ魅力的なラインナップが無かったSteamセールですが、今回はゴールデンウィークセールと合わさり、大作タイトルや魅力的なタイトルが数多く揃っています。ただしGWという日本独自の行事なためか、いわゆる「洋ゲー」は殆どありません(あるのはUbiのVRゲームくらい)。セールはどちらも日本時間の5月7日午前3時まで(太平洋時間5月6日午前10時)の1週間限定。価格は全て税込です。

注目タイトルをご紹介

早速注目タイトルをご紹介していきます。まずは「バイオハザード」シリーズから。絶賛発売中の最新作である「バイオハザード RE:2」は34%オフの5148円、「Z Ver」も同じく5148円、すべてのダウンロードコンテンツを追加した「デラックス版」も25%オフの6600円から。さらにゲームシステムを従来から刷新し、サバイバルホラーとして高い評価を得た「バイオハザード7」は、全ての追加コンテンツを同梱した「ゴールドエディション」が50%オフの2458円に。そのほか「6」が75%オフの747円、「5」も同様に75%オフの497円となっています。

カプコンからは他にも「モンスターハンター ワールド」が34%オフの3953円、「デッドライジング」シリーズが追加コンテンツ含め50%〜70%オフとなっています。

バンダイナムコからは評価の高い3タイトルをピックアップ。まずは「空の革新」をテーマに新たな空を描き、所属部隊を転々としながら混乱に包まれるユージア大陸を駆ける「エースコンバット7・スカイズ・アンノウン」は33%オフの5499円。

SNSなどで自由度の高いキャラクリが話題となった、高い駆け引きも魅力の対戦格闘ゲーム「ソウルキャリバー6」は価格設定ミスったのかな?と言いたくなるような、バンナムらしからぬ66%オフの2790円。あの「ウィッチャー」シリーズの主人公、ゲラルドもゲストとして参戦しています。

Nintendo Switchで好評を博した、いろんなモノをくっつけて大きくするアクションであり、初代「塊魂」のリメイクである「塊魂 アンコール」は40%オフの2073円。

その他、そのキャラクターや世界観、出来の良いアクションが口コミで人気となった「ニーア オートマタ」は25%オフの3888円。「エピソードアーデン」以外の追加コンテンツを全て含んで、多数のユーザー制作MODも利用可能な「FFXV WINDOWS EDITION」は50%オフの4212円となっています。


その他にも多数のタイトルが

その他にも多数のタイトルがセール中です。この機会に気になったタイトルを購入して連休に遊んでみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA