「スマブラ」にGoogle Chromeの「あの恐竜」が参戦したらどうなるのか?何故か海外掲示板で議論が白熱する

「大乱闘スマッシュブラザーズ」こと「スマブラ」、主に任天堂の看板シリーズから多数の人気キャラクターが同作に参戦しているが、誰も予想だにしなかった意外なキャラクターが度々参戦しているのは皆さんもご存知だろう。

歴代の誰も予想しなかったファイター達

例えば「スマブラDX」なら「GAME &WATCH」から「Mr.ゲーム&ウォッチ」が、「スマブラfor」なら「Wii Fit」の「Wii Fit トレーナー」や「ダックハント」として同名作品の鳥と犬が、「Special」ならマリオシリーズでおなじみの「パックンフラワー」が参戦を果たしファンを驚かせた。

もはや何が参戦しても納得出来てしまう「スマブラ」シリーズ。そんな同シリーズの最新作である「スマブラSP」に「Google Chromeのあの恐竜が追加コンテンツのファイターとして参戦を果たす」というネタを20BC氏が投稿したところ、何故かそこそこ大きい反響を呼び、海外掲示板Reddit(レディット)などでこのネタに端を発した議論が起こっている。

発端となったツイート

Chrome Dinoとは

「Chrome Dino」(クローム・ディノ、クロームザウルス)とはGoogleのウェブブラウザである「Chrome」でインターネット接続がされていない時にウェブサイトを開くと出てくるあの恐竜だ。そこそこ目にする機会が多いので知ってる人も多いのではないだろうか。

またこの画面をタップもしくはクリックすると、クロームザウルスをジャンプさせて迫り来るサボテンや鳥を避けるというミニゲームを遊ぶことができる。一回サボテンや鳥に当たるとその時点でゲームオーバーで、走った時間に応じてスコアが入る。時間経過につれてスピードも早くなるが、一定タイミングでリセットされる。

Redditのスレッドでは「バンジョーとカズーイ」(レア社のアクションゲームでかつて任天堂が販売していた)よりも参戦してほしい、「通常必殺技はサボテンを召喚する技に違いない」と言った意見もあるが、やはりインターネット非接続時に出てくるというキャラクター故か、「最後の切りふだは相手のインターネットを切断する技だ」や「一番強力な攻撃は404(ページが表示されない際のエラーメッセージ)」などといったネット切断に因んだ意見が多く見られる。

「スマブラSP」の追加ファイター残り4人は2020年2月までに配信される予定。(ニンテンドーeShopより) 以外なキャラクターが参戦するのか、はたまた手堅い人気キャラクターが参戦するのか、それは桜井氏と任天堂にしかわからない。

【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA