「ゲーム系迷惑サイト」として知られる「オレ的ゲーム速報@刃」のTwitterアカウントを凍結させた人物が同サイトの運営に「某通販サイト」が関わっていると主張。根拠とされるものはあるが懐疑点もあり真相不明

先月13日にTwitterアカウントがDMCAによって凍結された「オレ的ゲーム速報@刃」(以下:刃)だが、そのアカウントを凍結させたとされる人物が匿名掲示板「5ちゃんねる」に立てたスレッドが一部で波紋を呼んでいる。

そのスレッドではかつて一斉を風靡し、現在は住宅地で細々と続けているゲーム会社「カルチャーブレーン」社の社長である田中氏を名乗る人物が、「刃」の運営者から送られてきた異議申し立てのメールを晒し、これとその「某通販サイト」(確定するのはまだ早いので名前は伏せる) が過去に「刃」のアフィリエイトリンクをツイートしていたことを根拠に「刃」を運営していると主張している。

ちなみにカルチャーブレーン社は一部界隈でネタにされているゲーム会社で(ゲーム会社版syamu_gameとでも言えば分かりやすいだろうか)、田中氏を名乗っているのは恐らくネタであると思われる。

同社をネタにしたWikiすらあるほどだ。

過去と同じ手口で入手した情報か

TwitterではDMCAによるアカウント凍結の際、それに異議を申し立てることが可能なのだが、その際にメールでその異議申し立て文が相手に通知されてしまう。(参考)恐らく上記のスレッドに貼られているメール文はこの手口を利用し得たものだと思われる。

ちなみに昨年2018年9月に同様の手口にて「刃」の個人情報を入手し晒した人物もカルチャーブレーンの田中氏を名乗っていたが、同一人物か模倣犯かは不明だ。

納得できる部分はあるものの疑問点も

確かにこの主張は理にかなっており納得できる部分もあるが、懐疑点もある。根拠とされるメールをスクリーンショットしたものは画像という性質上、「コラ画像」という可能性が決して排除できないからだ。よってさらなる決定的な証拠が出るまでは話半分に見ていいたほうがいいだろう。

【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA