2019年4月の国内ゲーム売上ランキングが発表。首位に輝いたソフトは「DAYS GONE」、首位のハードはNintendo Switchに

本日5月13日、ファミ通による国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データが発表された。

1ヶ月分の売上が対象

集計期間は2019年4月1日~2019年4月28日の4週分となっており、ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としていいるとのこと。 2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となっている。

家庭用ゲームソフト売上ランキング

まずは家庭用ゲームから見てみよう。首位はオープンワールドサバイバルゲーム「デイズ・ゴーン」が約11.4万本。次いで2位の「ドラゴンボール」を題材にしたカードバトルアドベンチャー、「スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション」が約9.9万本、そして「地球防衛軍」の最新作である「EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN」が約7.4万本。4位の「ヨッシークラフトワールド」が約5.9万本で、5位の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」は昨年12月に発売されたタイトルだが、相変わらずランキングに食い込んでいる。

順位タイトル本数メーカーハード
1位Days Gone
(デイズ・ゴーン)
114,319本
SIEPS4
2位スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション
99,552本
バンダイナムコエンターテインメント
Switch
3位EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN
(アース ディフェンス フォース アイアン レイン)
74,312本
ディースリー・パブリッシャー
PS4
4位ヨッシークラフトワールド
59,864本
任天堂
Switch
5位大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
50,774本
任天堂
Switch

ハードウェア売上ランキング

ハードウェアについては先月と同じくSwitchが1位、PS4が2位となっており、それ以外の数字はファミ通が開示していないため不明だ。そして何故かPS4はPS4 Proとの合算となっている。ちなみにNintendo Switch本体は2018年3月期から14ヵ月連続で月間販売台数首位になっている。そして両機種共に販売台数がそれぞれ800万台を超えたとのこと。

順位ハードウェア売上
1位Nintendo Switch
183,397台
2位PS451,177台 

メーカー別ソフト売上ランキング

ソフトの売上ランキングはプラットフォーマー2社がランクインし、2位にバンダイナムコエンターテイメントが割り込む形になっている。

順位メーカー売上
1位任天堂
36.2万本
2位バンダイナムコエンターテインメント
19.0万本
3位ソニー・インタラクティブエンタテインメント
14.1万本

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA