Ubisoftのディレクターが「スプリンターセル」の新作を製作中というツイートを投稿、しかしUbiは「冗談」と否定

【スポンサードリンク】

Ubisoft(ユービーアイソフト)に勤め、「ディビジョン2」などのディレクターを担当したジュリアン・ジュライティ(Julian Gerighty)氏が自身のTwitterアカウント上にて「スプリンターセルの新作に取り掛かっている。E3が待ちきれないよ!」と投稿したことが海外コミュニティで大きく話題となりました。

投稿されたツイート

Ubi側は「冗談」と否定

しかしながら米IGNがUbisoftに問い合わせたところ、広報からメールで「ジュリアンは好き勝手に冗談を言っているだけで、現時点で(スプリンターセルの新作に関する)発表はありません」と回答し、これをきっぱりと否定しました。

「スプリンターセル」はUbisoftのステルスアクションゲーム。2013年に発売された「ブラックリスト」を最後に長らく新作は発表されていませんが、「ゴーストリコン ワイルドランズ」に主人公である「サム・フィッシャー」がゲスト出演するなどしています。

この一連の流れは「新作を待つファンを冒涜している」として一部から批判が上がっています。しかしながらエイプリルフールでもないのにここまで大々的に冗談をひけらかしていることから「何らかの新作が本当に出るのでは?」という声もあります。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA