「きみはマザーファッカー」で人気急上昇中の「ザ・リーサルウェポンズ」のおすすめ曲3選+α

【スポンサードリンク】

Twitterでミュージックビデオ「きみはマザーファッカー」の転載動画が多くの人々に共有されたことをキッカケに爆発的な知名度上昇を果たしたバンドグループ「ザ・リーサルウェポンズ」

赤い鉢巻とサングラスが特徴的なボーカル担当の「サイボーグ ジョー」氏と、アメフトのヘルメットを被った作曲やMV担当の「アイキッド」氏の2人で構成される同グループは80年代風のメロディーラインとその独特なPVで以前から一部の人々の間でカルト的な人気を誇っているバンドで、筆者も密かなファンであった。当記事ではそんな彼らのおすすめ曲3選をご紹介する。

シェイキン月給日

この「シェイキン月給日」は、サイボーグジョー氏扮する金欠の派遣社員があらゆるところから食料を奪い空腹を満たしつつ、ハッスルしながら給料日を迎えるという内容になっている。MVのセンスもさることながら、秀逸な英単語の使い方やテンポも見事でつい口ずさみたくなるような曲だ。

なんでやねん

一瞬「?」と思った方もいるだろうが、これが正式な曲名だ。アップテンポな曲調と関西弁のツッコミや歌詞が化学反応を起こし、大変中毒性の高い曲に仕上がっている。リーサルウェポンズの曲の中でも至上の名作だ。そして相変わらず英単語の使い方が上手い。

サイボーグメカニンジャ

「サイボーグメカニンジャ」はこれまでのギャグ色の強かったMVに比べ、格好良さに重点を置いたものになっている。プロジェクションマッピングを活用した映像やサイバーパンクな曲調は必聴だ。

都立家政のブックマート

公式チャンネルで扱われていないので入れても良いのかはわからないが、この曲もリーサルウェポンズが手がけたものなので一応入れておく。全体的にロックンロール調のBGMと耳に残るフレーズが印象的で、リーサルウェポンズのセンスが光るMVだ。

ちなみに冒頭で述べた影響からか、ファーストアルバムである「Back to the 80s」がAmazonの急上昇ワードで大物アーティストである平沢進氏を超えて1位を獲得したという。彼らの今後の活躍にも期待したい。

【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA