「ポケモン」がテーマのTシャツコンペの受賞作および入賞作のひとつに規定違反。受賞が取り消される

ユニクロが毎年グローバルに開催するTシャツデザインコンペ「UT GRAND PRIX 2019」。今年のテーマは「ポケモン」で、大賞を受賞した作品は最新作である「ソード/シールド」にも登場することが明らかにされていた。

全世界から1万8000点以上の応募があり、24の受賞作品が実際に販売されることとなっていたのだが、大賞受賞作および入賞作品の各1作品、計2作品に規定違反が見つかり、これにより該当2作品の受賞は取り消し、また作品も販売中止とされ、最優秀賞である「GRAND PRIZE」は「該当者なし」となった。(参考)

違反のあったうちの1作品であるリー・ウェン・ペイ(Li Wen Pei)氏の作品。

ユニクロはこのような事態が再度起こらないよう確認と再発防止の徹底に努めるという。

追記:2019/05/23 17:11

取り消された作品が具体的にどのような理由で違反になったのかは公式には明示されていないが、AUTOMATONの報じた記事によれば「デザインの流用」説が濃厚である。

お詫び

記事タイトルが「受賞作のひとつに」となっていましたが、正しくは「受賞作および入賞作のひとつ」でした。お詫び申し上げます。


【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA