任天堂が旧「マリカー」との二審目の訴訟にも勝訴

昨年2018年9月、東京都内で公道カートのレンタルサービスを提供していた「MARIモビリティ開発」(以下:MARI社、旧社名:マリカー)に対し、任天堂が著作権侵害および不正競争防止法にあたるとしてMARI社を訴訟した裁判がありました。

東京地裁はMARI社に対し任天堂キャラクターのコスチューム貸与等の不正競争行為の差し止め及び、損害賠償金の1000万円の支払いを命じる判決を下しましたが、これを不服としたMARI社は控訴を行い、本日5月30日に知財高裁にて控訴裁判が行われていました。

MARI社の主張は退けられる

しかしながら知財高裁の森義之裁判長は「MARI社の行為は、任天堂の営業上の利益を侵害する」と判断し、MARI社側の主張を退けました。なおこの日の判決は所謂「中間判決」で損害賠償の金額を決めるため、今後も審議が続けられるとのことです。

これに対しMARI社は公式サイトにて「当社の主張が認められなかった部分については誠に遺憾であり、内容を精査して引き続き対応して参ります」という声明文を掲載しています。

MARI社とは

冒頭でも述べた通り、「MARIモビリティ開発」(旧社名:マリカー)は東京都内で公道カートやコスチュームのレンタルサービスを提供する企業。任天堂による訴訟前後に社名を変更したり「任天堂とは無関係」と主張し現在も営業を続けています。

任天堂は以前よりMARI社が「マリオカート」シリーズの略称やキャラクターの衣装、写真を宣伝および営業に利用していることは著作権侵害や不正競争行為にあたるとして、差し止めと損害賠償を求める訴訟を起こしていました。

【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA