「ドラゴンクエスト ウォーク」の影響で開発元の「コロプラ」の株価が一時ストップ高に

本日6月3日に発表されたモバイル向けの新作「ドラゴンクエスト ウォーク」発表の影響で、コロプラの株価がが一時ストップ高(値幅制限の上限)まで上昇し、パブリッシャーであるスクウェア・エニックス・ホールディングスの株価も年初来高値を更新しました。

「ドラゴンクエスト ウォーク」とはドラゴンクエストの世界と化した現実世界を舞台に自らが主人公となって歩き冒険を進める所謂「位置情報ゲーム」、先駆者としては「イングレス」や「ポケモンGO」などがあります。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA