コロプラ従業員が850万円あまりの金額を課金するよう取引先に依頼。セールスランキングの操作が目的

本日2019年6月21日、スマートフォンゲームを手がけるコロプラは同社の役職者を含む従業員2名がセールスランキングの操作を目的とした不適切な取引を行っていたことを公式ページにて発表しました。

掲載された「当社従業員による不適切な取引について」というIR資料によれば、先ほど述べた2名が自社費用850万円をもってスマートフォンアプリ「最果てのバベル」にセールスランキングの操作を目的とした課金をすることを取引先に依頼し、6月13日に取引先が課金を実施した疑いがあると発表しています。

また過去に同様の取引が行われたことは現時点では確認できていないとしており、コロプラは「今回の事象を重く受け止め、第三者を含めた調査委員会を立ち上げ厳正かつ徹底した調査を実施し、再発防止、信頼回復に取り組む」と述べています。

任天堂の特許を侵害するなど、近年何かと悪いニュースの絶えないコロプラ。果たしてコロプラの明日はいかに。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA