土曜日, 11月 16, 2019
ホーム ニュース ゲーム 増田順一氏が「ポケモン ソード・シールド」における一部ポケモンが登場しない問題(いわゆる互換切り)について言及

増田順一氏が「ポケモン ソード・シールド」における一部ポケモンが登場しない問題(いわゆる互換切り)について言及

「ポケットモンスター ソード・シールド」における「全てのポケモンが登場しない」問題について、ポケモンの開発に長年携わるゲームフリークの増田順一氏からの公式見解が英語圏のポケモン公式サイトに掲載されました。

増田氏の見解

ファンのみなさん、いつもポケモンを大切に思ってくれて、本当にありがとうございます。先日、「ポケットモンスター ソード・シールド」に一部のポケモンを連れて行けないことを発表しました。みなさんの様々なメッセージや意見を読み、みなさんのポケモンに対する愛を、改めて深く感じました。
みなさんと同じように、私たちもポケモンに対する愛を持っています。みなさんと同じようにポケモン1匹1匹はとても大切だと考えています。私自身はずっと「ポケットモンスターシリーズ」の開発を行ってきましたので、本当に難しい決断でした。改めて伝えたいと思いますが、ソード・シールドに登場しなかったポケモンがいるとしても、その先のソフトに今後も登場しないわけではありません。
ポケモンの世界は今後も広がっていきます。ガラル地方には、初めて出会うポケモン、見知らぬトレーナーとのバトル、そして新しい冒険が待っています。みなさんに喜んでいただけるよう、心を込めて制作に取り組んでいますので、楽しみにお待ちいただければと思います。
2019.6.28 増田順一

増田氏はポケモン1匹1匹を大切に考えていること、そしてファンからの意見はしっかりと受け止めてはいることを強調し、本作で出現しなかったポケモンが今後のシリーズに登場しない訳ではないことも述べています。

増田氏も非常に厳しい決断だったと述べているものの、この問題は一部で反発を抱かれているのも事実ではあり、実際に国内コミュニティでは「互換切り」(とは言われるものの、一部のポケモンが連れて行けないと言うだけで、過去作から連れていけないわけではなく厳密には適切ではない)と呼称され、海外でも「#BringBackNationalDex(全国図鑑を取り戻そう)」という運動がSNSを中心に起こっている状態です。

もういっそうるさい人達のために「ポケモンバトルレボリューション」や、どこぞのスタンダードカーのように過去作のモデルを流用してでも全てのポケモンを実装した方が平和に収まるかもしれません。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事