ぽけりんの2代目Twitterアカウントが早くも凍結。その生涯わずか4日。原因はまたも「株式会社ポケモン」を名乗るDMCA申請の模様

今週6月25日に株式会社ポケモンと任天堂を名乗るの著作権主のDMCAによって凍結された「ぽけりん」のTwitterアカウントですが、その2代目アカウントがわずか4日も経たないうちに凍結された模様です。

まさかと思いLumenのデータベースを確認してみたところ、「株式会社ポケモン」を名乗る人物によるDMCAが7件寄せられていることが確認できました。しかし前回の凍結とは違い、任天堂の名義はひとつも存在しないようです。

Twitterではデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づく著作権侵害の申し立てが何度もなされると、ひとまずそのアカウントを凍結させる措置を取っていますが、権利者の名前を騙っても同様のことが可能なため、前回の凍結と同じく申請者が本物の株式会社ポケモンかはわかりません。

「ぽけりん」はポケモンを題材にした「まとめサイト」なのですが、所謂「ネガティブキャンペーン」とも取れる記事や「デマ」や「煽り」を含んだ記事が多く、そのため「ポケモン」の界隈では「はちま起稿」や「俺的ゲーム速報」よりも恨まれていると言われています。

1 Comment Posted

  1. https://www.lumendatabase.org/notices/search?utf8=%E2%9C%93&term=https%3A%2F%2Ftwitter.com&term-require-all=true&sender_name=%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3&sender_name-require-all=true&sort_by=date_received+desc
    こちらのURLで確認すると「カラパイア」さんや「オルネット」(今治タオル)さんなど、明らかにポケモンと無関係のアカウントも一緒くたに通報していますね。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA