7月のフリープレイタイトルが「ウイイレ2019」から「デトロイト」に差し替えられたのはソニーの意向。コナミの関係者にも知らされず突然の差し替えに困惑

PS Plus会員向けに毎月2本のタイトルが提供される「フリープレイ」、その2019年7月のタイトルは当初「カリギュラオーバードーズ」と「ウィニングイレブン 2019」でしたが、7月3日突如として後者が「デトロイト ビカムヒューマン デジタルデラックスエディション」に差し替えられるという事態が発生しました。

国内外のインターネットでこれに対して様々な憶測が飛び交っており、米国のメディア「KOTAKU」(コタク)がコナミに問い合わせを行ったところ、コナミ側から「この決定はソニーによってなされました。ソニーに質問してください」との回答が得られたことが明かされました。

さらに同じく海外メディアであるゲームスポット(Gamespot)によれば、「ウィニングイレブン」のブランドマネージャーが「朝ノートPCをチェックしたらそうなっていて、どうしてこうなったのか説明できない」と突然の差し替えに戸惑っていたことも明かされています。

これに対し、ソニー側から同メディアに不便をかけたたことを謝罪する文章が送られたものの、結局理由が一切明かされることは無かったとのことです。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA