「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でサノスが放った「指パッチン」の正式名称が判明

2018年に公開された映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の終盤にて、サノスは全てのインフィニティ・ストーンを手に入れ全宇宙の生命体の半分を消滅させてしまいます。その際にインフィニティ・ガントレッドをはめて指を鳴らしており、これが通称「指パッチン」と呼ばれているのですが、その指パッチンの正式名称が判明しました。

これは本映画のコミカライズ作品、「Marvel’s Avengers: Infinity War: The Cosmic Quest Volume Two: Aftermath」(マーベルズ・アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ザ・コミック・クエスト・ボリューム2:ツー・アフターマス)にて判明したもので、その正式名称はなんと“The Decimation(ザ・デシメーション)”という名称。意味は「大量殺戮」という意味を表します。

消失した人達はなんやかんやで元には戻ったのですが、確かに意味としては間違っていませんね。


この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA