任天堂、ソニー、マイクロソフトの3社がルートボックス(ガチャ)の確率表記を義務化

米国のビデオゲーム業界団体であるエンターテインメントソフトウェア協会(ESA)が任天堂、ソニー、マイクロソフトの大手3社が有料のルートボックス(ガチャ)の確率表記を義務化する新たなポリシーの制定を行なっていると海外ゲームメディア「GamesIndustry.biz」が報道しました。新たなポリシーは来年2020年の施行を目標としているとのこと。

確率の開示については既にAppleのiOSやGoogle Playなどのモバイルゲームにおいては開示されている状況で、家庭用ゲームなどでは遅れている状況でした。

またESAに加盟する複数の企業がルートボックスの確率開示を約束、現在公表されている企業はアクティビジョン・ブリザード、バンダイナムコエンターテインメント、ベセスダ、バンジー、EA、マイクロソフト、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、テイクツー・インタラクティブ、UBI、ワーナーなどが公表されています。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA