「マインクラフト」の新描画エンジン「Render Dragon」が発表。光と陰が追加され「ほとんどのデバイスで」グラフィックが強化。

本日8月19日、マインクラフトの新しいグラフィックエンジンであるRender Dragon」(レンダー・ドラゴン)が発表されました。

この描画エンジンは今まで描画されていなかった光や影を追加し、美しいグラフィックスを実現した「公式影MOD」とでもいうべき存在で、まずはWindows10版に搭載されるとのこと。

またNVIDIAと提携しレイトレーシングもサポートしており、将来のDirectX Raytracingをサポートするプラットフォームにも対応するとのこと。

また公式ページによれば、Render Dragonはデバイスの能力に応じて様々なグラフィック機能をサポートしており、ほとんどのデバイスでグラフィックスを強化できるとのこと。また今年後半にさらなる続報があるとのことで、来年のベータでレイトレーシング機能をプレビューできるとのこと。

「スーパーデューパーグラフィックスパック」が開発中止になり、絶望視されていたマインクラフトのグラフィックス強化ですが、本エンジンの登場によってその心配はなくなりそうです。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA