金曜日, 11月 15, 2019
ホーム ニュース ガジェット コナミがゲーミングPCや周辺機器の販売に参入。アミューズメントマシンの制作ノウハウを生かす

コナミがゲーミングPCや周辺機器の販売に参入。アミューズメントマシンの制作ノウハウを生かす

コナミがゲーミングPCの制作やその周辺機器の製造に参入するという衝撃的なニュースが舞い込んできました。

このことが発表されたのは、現在開催中の東京ゲームショー2019の会場。近年のコナミはe-Sportsへの注力を行なっており、その一環としてアミューズメントマシンの制作や製造、販売のノウハウを持つ「コナミアミューズメント」がゲーミングPCやその周辺機器の販売に参入することを発表しました。PCのブランド名は「ARESPEAR」(アレスピアー)

またe-Sportsのための各種環境を揃えた複合施設、「コナミクリエイティブセンター銀座」を2020年にオープンすることも発表。

同施設には配信用の設備などを備えた「esports 銀座 studio」、選手や実況解説者,大会運営演出スタッフなどの育成を行う「esports 銀座 school」、体感型ショールームや販売を行う「esports 銀座 store」などの施設が備えられるとのこと。

過去のシリーズの復活もそうですが、e-Sportsへの注力など、ゲーム事業に熱心に力を入れている近年のコナミの取り組みは注目に値します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事