「エースコンバット7」の新たなストーリー3つの配信日が決定。巨大潜水艦「アリコーン」やSu-47を操る敵エースなどが登場

「エースコンバット7」の新たな物語が描かれる追加ダウンロードコンテンツの配信日が決定しました。まずはこちらの映像をご覧ください。

以前の「OBCニュース」などのPVで登場していた謎の男性は「オーシア情報局」に所属する戦術兵器分析官であるデイビッド・ノースというキャラクターだと判明。ミッションにも登場するようです。

また映像ではエルジア軍を離脱し、オーシア連邦の首都である「オーレッド」を目指す原子力潜水艦「アリコーン」やロシアのプロトタイプ戦闘機「Su-47」を操る謎の女性エースパイロットの姿などが確認できます。

ムービー中の同機にはオーシア空軍の国籍マークが付いていますが、何故か敵としての登場。これには一体どんな裏側があるのでしょうか?

謎の女性エースパイロットの操るSu-47
原子力潜水艦「アリコーン」

第4弾DLCで、「思いがけない訪問者」を意味する「Unexpected Visitor」は9月25日、ミッション16の舞台である「アンカーヘッド」が舞台となる第5弾DLC「Anchorhead Raid」は10月23日、「1000万人救済計画」を意味するTen Million Relief Planは11月27日に配信予定。価格はPS4/Xbox One版が500円+税、PC版がオープン価格となっています。

この記事にコメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA