金曜日, 11月 15, 2019
ホーム ニュース ゲーム ポケモンソード・シールドでは「育成のしやすさ」を強化。ハートのウロコの不要化や「せいかく」による補正を矯正可能に

ポケモンソード・シールドでは「育成のしやすさ」を強化。ハートのウロコの不要化や「せいかく」による補正を矯正可能に

性格による能力の補正なども考慮した所謂「高個体値」のポケモンを厳選する作業などのせいか「ポケモンは対戦の敷居が高い」と言われ続けてきましたが、本作ではその敷居が低くなりそうです。

ファミ通によって行われた「ポケモンソード・シールド」のインタビューにて、ディレクターを務める大森氏は「ゲーム全体として育成のしやすさをより意識して作っています」と本作の方針を明らかにしました。

その取り組みの一環として各ポケモンの「せいかく」によって上がりやすかった能力を変更できる仕組みが用意されたとのこと。

さらにポケモンセンターにて「わざ」を思い出す、忘れさせる(ついでに姓名判断も)ことが可能となり、ハートのウロコも不要になったことが明らかにされています。(このことはこちらの記事でも触れています。)

また、「個体値」を最大まで上昇させられる「きんのおうかん/ぎんのおうかん」も続投されるとのこと。また育成に関する「改革」は他にもあるとのことで、大森氏は「たとえば、最初にもらえる3匹のポケモンを始め、ストーリー進行中に捕まえたポケモンも、通信対戦で最大限活躍させられるような仕組みを用意しています」と述べています。

しかしながらファミ通の該当記事は現在削除されており、先ほどまで見れたYahooに掲載された記事も閲覧不能になってしまっています。

なお該当インタビュー部分の一部はこちらのツイートにて確認可能です。(所謂「コラ画像」ではないことを確認済み)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事