木曜日, 11月 14, 2019
ホーム ニュース クルマ 「グランツーリスモSports」に新規車種やコースが追加。目玉はポルシェのEV「タイカン」

「グランツーリスモSports」に新規車種やコースが追加。目玉はポルシェのEV「タイカン」

2019年10月31日、「グランツーリスモSports」に新規車種やコースが追加されました。

今回の目玉はなんといってもポルシェのEV(電気自動車)である「タイカン Turbo S ’19」でしょう。これは以前発表されたポルシェとのコラボレーションによって収録が実現したものです。

その他にもランボルギーニの「アヴェンタドール LP 750-4 Superveloce ’15」、マツダの「デミオ XD Touring ’15」、さらに「スパ24時間レース」でメルセデス・ベンツ率いるAMGの名を世界に知らしめた伝説的レーシングカー「300 SEL 6.8 AMG ’71」が新登場しました。

ポルシェ タイカン Turbo S ’19(Gr.X)

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 750-4 Superveloce ’15(N800)

マツダ デミオ XD Touring ’15 (N100)

メルセデス・ベンツ 300 SEL 6.8 AMG ’71(Gr.X)

さらに新コースとしてあのベルギーの「スパ・フラコルシャン」サーキットも収録。

本コースはべルギー東部の工業都市、リエージュから南東へ約40kmの場所にあり、F1から耐久レースなどのさまざまなカテゴリーのレースが開催される世界有数の高速テクニカルサーキットです。

7kmオーバーという長い全長と丘陵地帯の地形を活かした起伏に富んだレイアウトはダイナミックそのもの。丘を駆け上がっていく高速コーナー「オー・ルージュ」そして「ラディオン」、度胸が試される超高速の左コーナー「ブランシモン」、数々の名勝負を演出してきた「バスストップ・シケイン」など名物コーナーも多く、チャレンジングなコースとして世界中のドライバーから高い支持を得ています。

スパ・フランコルシャン

全長:7004m / 最大高低差:104m / コーナー数:21 / 最大直線長:751.84m

その他にも新たなイベントなどを追加してるとのこと。その他の詳しい情報は公式ページをご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事