木曜日, 11月 14, 2019
ホーム ニュース サブカル 「ナルト走り」は本当に速いのか?海外Youtuberが五輪金メダリストの協力のもと検証

「ナルト走り」は本当に速いのか?海外Youtuberが五輪金メダリストの協力のもと検証

前のめりになりながら左右の腕を後ろに伸ばしつつ走るという漫画「NARUTO」で多用されている謎の走り方、通称「ナルト走り」。

この走り方は実際に早く走れるのか?という疑問を海外のYoutubeチャンネル、「Because Science」が2012年のロンドンオリンピックの女子400メートルリレーの金メダリスト、ジェネバ・ターモー氏の協力の下検証しています。

実験内容はターモー氏とチャンネルを運営しているカイル・ヒル氏の両者が、50mの距離をナルト走りと普通の走り方でそれぞれ3本づつ走り、平均タイムからどちらが速いかを検証します。

ヒル氏のタイムは普通の走り方が平均7.78秒。「ナルト走り」が7.99秒と3%ほど遅い結果に。

続いてターモー氏のタイム。普通の走り方が平均7.11秒。「ナルト走り」が7.3秒とこちらも3%ほど遅い結果に。

更にターモー氏によると、「ナルト走り」は前かがみの体勢になり、重心が前に移動するため転んでケガをする危険性が高まってしまうとのこと。


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


話題の記事

新着記事