金曜日, 11月 15, 2019

Latest posts

龍が如く(ヤクザ)シリーズ3作品がXbox OneとXboxゲームパスに登場。海外で2020年内に

「龍が如く」(英題:Yakuza)シリーズ3作品がXbox Oneに初登場します。 https://youtu.be/tMMHqwl2Rac これはマイクロソフトが2019年11月15日にロンドンにて行ったイベント「X019」にて発表されたことで、「0」、「極」、「極2」の3作品が対応し、2020年の登場を予定してるとのこと。さらに定額制サービス「Xbox ゲームパス」(PC版も)にも登場するとのことです。 この3作品は既にSteamでも販売されており(日本からでも購入可能)、近年セガは同シリーズの幅広いプラットフォームでの展開を進めています。願わくば「6」や同じ世界観を有するスピンオフ作品「ジャッジアイズ」なども発売して欲しいものですが… なおこれらの発表は海外向けですので、国内で展開されるかどうかは未定です。因みにクラウドゲームサービス「Project X...

「スポンジボブ」の映画最新作「スポンジボブ・ザ・ムービー:スポンジオン・ザ・ラン」の予告編が公開。キアヌ・リーブス氏も登場

あの人気カートゥーンアニメ、「スポンジボブ」の映画シリーズ最新作、「The SpongeBob Movie: Sponge on the Run」(英題、スポンジボブ・ザ・ムービー:スポンジオン・ザ・ラン)のトレーラーが公開されました。 本作も2015年に公開された「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」と同じく、CGと実写を織り交ぜたビジュアルを採用。しかも「ジョン・ウィック」や「マトリックス」シリーズでお馴染みのキアヌ・リーブス氏も植物役で出演しています。 https://youtu.be/HfiH_526qhY 「スポンジボブ・ザ・ムービー:スポンジオン・ザ・ラン」は2020年夏頃に海外で公開予定です。

Pixiv運営のSNS「Pawoo」の運営が12月2日をもって別会社に譲渡。あの「いらじ先生」も利用するSNS

分散型SNS「マストドン」のインスタンス(サーバー)で2017年よりPixivが運営していた「Pawoo」(パウー)の運営が2019年12月2日をもって株式会社クロスゲート及び株式会社ラッセルに譲渡されることが発表された。 なお運営元が変更された後もアカウントなどはそのまま使えるとPixiv側は発表している。 「Pawoo」と言えば、インターネットのお騒がせ人物として有名な「いらじ先生」が利用していることでも知られているSNSだ。彼はTwitterアカウントの度重なる凍結により、一時期Twitterへと復帰したことがあったものの2018年から現在に至るまで定住している。 「マストドン」はTwitterのようなSNSだが、各インスタンスを知識さえあれば誰でも運用でき、それぞれ異なる運営によって管理されているのが特徴。だがマネタイズ面で苦労している運営も多く、ニコニコ動画を運営するドワンゴによって運営されていた「ニコフレ」が閉鎖するなど、長く持たないサーバーも少なくはない。 https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

Trends

声もそっくり。インターネットの有名人「野獣先輩」の語録を言いかけてしまう男性が話題に

インターネット上では現在もなお人気を誇る「真夏の夜の淫夢」、そんな「淫夢」に登場する人物である「野獣先輩」の語録を口にしかけてしまう男性の動画がSNSを中心に話題となっている。 https://twitter.com/NNNN__DD/status/1141305469081808896 さらにこのツイートを転載したツイートが1万回以上リツイートされている。 この動画はテレビ朝日の取材に答えた男性が「やりますねぇ!」と言いかけたのを慌てて「やりたくなりますね」と訂正しているのだが、その声が「野獣先輩」と似ていることもあってか大きく話題となり、このツイートや動画を転載したツイートが多く拡散された。 ANN(テレビ朝日系列)の公式Youtubeチャンネルには残念ながら該当部分の動画は掲載されていないが、同じ男性が写っている部分が確認されている。 https://youtu.be/mrBo_fckClI

「大物Youtuber」ことSyamu氏の引退理由は嫌がらせによるもの。ゆゆうた氏が明かす

8月21日、突如引退を表明した「大物Youtuber」こと Syamu氏の引退理由が、以前から氏と親交のある「ゆゆうた」氏によって明かされた。 ゆゆうた氏によれば、Syamu氏の引退理由は氏に直接的な嫌がらせが多発し、それが氏と関係ない人達にまで及んだからとのことで、ゆゆうた氏は Syamu氏への嫌がらせ行為について批難している。 https://twitter.com/hukkatunoyuyuta/status/1164093690295382016 Syamu氏は今回の件をもって「完全引退」するようだが、ゆゆうた氏とのやりとりは続ける意向を示している。 https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

HIKAKIN氏設立の「UUUM」社が本社移転を発表。ネットではsyamu氏の影響が噂されるも無関係

2019年2月18日、大手Youtuber所属事務所であるUUUM(ウーム)が本社を移転することを公式ホームページおよび同社のTwitterアカウント上で発表した。本社移転は来年2020年の春頃を予定しており、現在の六本木ヒルズ森タワーからHIKAKIN氏の自宅マンションの付近である港区のミッドタウン・タワーに移転する予定だ。 https://twitter.com/uuum_news/status/1097375473691029504 あくまでもsyamu氏の抗議とは無関係 UUUMといえば、2019年2月15日に「大物Youtuber」として知られるYoutuber、syamu_game氏がアポなしで抗議を行ったことが話題になった。しかしあくまでも今回の本社移転は「事業拡大に伴う人員増加に対応するため」「従業員の働き方を尊重し、モチベーションやクリエイティビティを向上させるため」であり、syamu氏が行った抗議とは無関係だ。 そもそも本社移転の決定はそれ以前から計画されていたであろうことは容易に想像できる。さらに言えば抗議されたのを理由に本社移転してはいくら移転してもきりが無い上、常識的に考えれば非合理的だ。余談だがUUUMの株価が下落したのはYoutubeの規制強化が理由であり、これもsyamu氏の抗議とは関係ない。 しかしながらsyamu氏とリアルで接触した人たちに何らかのトラブルが見舞われていることから、このことを茶化すネットユーザーも少なくない。一応だが、本社移転についてについて筆者がUUUMにメールにて問い合わせたので回答がもらえ次第お伝えしたい。

ABOUT US

エッグプラントマガジンは国内外のあらゆる情報をお届けするウェブマガジンです。

Follow us

© Newspaper WordPress Theme by TagDiv